「日本書紀」と「日本紀」と「日本書」

『日本書紀』と『日本紀』と『日本書』

史書の形式に「紀伝体」形式と「編年体」形式とがあることは既に紹介した。
中国では「紀伝体」の史書を「書」と表現し、「編年体」の史書は「紀」と表現する。
例えば中国の正史である『漢書』や『後漢書』などは「書」字を持つことにより、いずれも
「紀伝体」で書かれた史書であることを表している。それに対して『漢紀』『後漢紀』などの
「紀」字は「編年体」史書であることを表す。従って、中国では当然のことながら形式の異なる
史書を表す「書」と「紀」を同時に用いる「書紀」という書名の史書は存在しない。

ところが『日本書紀』は「書紀」と云う言葉を持つ。この漢字の国中国には存在しない不思議な
言葉は従来からも注目され、その意味については種々の推測がされてきたのであるが現在でも
謎のままである。

『日本書紀』奏上について、『日本書紀』に続いて編纂された『続日本紀』の養老四年五月条は
「修日本紀」と書くから、『日本紀』が奏上時の公式書名であったと思われる。
それがいつの頃からか「書」字が加えられ『日本書紀』とも呼ばれるようになり、この二つの書名は
並行して使われてきた。

『続日本紀』が『日本書紀』を『日本紀』と書くと云うことは、中国の例に倣えば、
当時の編纂者達は『日本書紀』を「編年体」の史書と主張していた(あるいは「編年体」史書として
読ませようとした)ことになる。(従って後続の「六国史」も『続日本紀』『日本後紀』のように
いずれも「紀」と名付けられている。)

しかし『日本紀』(編年体史書)と名付けられたが、実はその中身は「紀伝体」史書であることを
当時人々はみな知っていたのであろう。そこで『日本紀』とは称すが、本当は「紀伝体」史書である
と云う意味から「書」字を加えた『日本書紀』と云う書名が生まれたのではなかろうか。
あるいは史書の前半は「書」であるが、後半は「紀」であると云う意味の「書紀」と云う言葉が
造語されたのかも知れない。

このように「書紀」と云う造語が生まれた理由も、『先代旧事本紀』が「紀伝体」の史書であった
ことが分れば解明されることになる。

『先代旧事本紀』は編纂主導者「聖徳太子」の薨去により中断された未完の史書である。
もし太子が存命で『先代旧事本紀』が完成されていたならば、その序の記述内容から推して、
それは中国正史が「書」と呼ぶに相応しい形の国史として成立していたことであろう。
そしておそらく、その国史こそは『日本書』と命名されたであろうと想うのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました