著書ご案内

「紀伝体」で伝えられた日本古代史

日本の古代史は、飛鳥時代以来「紀伝体」で伝えられてきた。
著書ご案内

古代史解読のために

古代倭語という尺度のもとに、一つの歴史((史実)を検証するこころみ。
著書ご案内

昔の常識と現代の常識をつなぐ架け橋

現代の常識に支えられた文献批判に基づく手法で古文献を解読する事には無理がある。本来の古代史解読の手法とは、昔の常識と現代の常識を繋ぎ蘇らせるものである。
著書ご案内

はじめに 

神話の世界と思われている古事記や日本書紀を、新しい解読方法により読み解き、史実を再現する方法とは。 山田豊彦著「日本古代史の実像」
著書ご案内

 ー著書ご案内ー 日本古代史の実像 

古文献から古代史を読み解くための、新しい解読手法の研究。本著は、名著「まぼろしの邪馬台国」の続編というべきものである。
タイトルとURLをコピーしました